長い雨が しとしとと
入道雲を散らしてく
あーあ 家の外で お気に入りの自転車が
雨に濡れてる 濡れてる

自動巻きの セイコーファイブ
買った日の日付で 止まったまま
ただ 忙しすぎて
足早に過ぎ去った 七八月を恨む
羨む

連日の雨と とどろく雷が
夏の思い出を 閉じ込めろとせかす
そこはスローに 感じていたいから
まるで貝のように部屋で
じっとしているよ

夏の味 残る 冷たいお茶漬けを
ナスの浅漬けと 一気にほうばる
眩しい夏への 憧れあきらめて
変わりゆく季節のページ ゆっくりとめくる
スポンサーサイト