鳥籠の中で 歌を忘れたカナリア
沈黙と憂鬱に 孤独な日常を過ごしていた
月明かりが橙だったあの日
一輪の赤い花を見つけた

満天の空を 悠々と眺める花の
優美な香りが 欠伸した情熱をノックしたら
伝えなくちゃな こみ上げる想いを
嘴からメロディー ほろりこぼれた

心湧き上がる甘いフレーバー
風に薫る君の化身が
いくつもの希望を 街中に広げてく
君を思いあるがまま 描いた音で喉震わせた
まるで天使の囁きのように 静かな空に鳴り響いた

ある日 一人ぼっちのアネモネは
どこからか聴こえる 鳥の歌がすごく気になった
不安ばっかの日々に強い想いを
くれたような気がして 頬赤らめた

惹かれあい輝く鳥と花
まるで太陽と月のように
いくつもの未来を 世界に広げてく
昨日まで気付かなかった
明日が輝いて見えるなんて
そう思える今日が愛しくて
見上げた大空 迎える朝が嬉しくて...

長い雨が続くある季節のこと
儚き命の花が うなだれた
あぁ 僕に何が出来るんだろう
そう 迷うことなく今出来ることを

大粒の涙こぼして 鳥はただただ歌い続けた
凛と咲いてた花の為に 鳥はただただ歌い続けた

憂う夕日が沈みゆくように 花はゆっくり命閉じた
遠くに聴こえるあの歌を あの歌をずっと聴きながら 

本当に出会えて良かったと そんな想いを伝えたいから
最後に愛を込めとびきり 甘い香りを風に託した...



スポンサーサイト