長い雨がしとしとと 入道雲を散らしてく
あーあ 窓の外で 季節が変わる予感に耳をふさいだ

天井見上げむにゃむにゃと 夏を髄までむさぼっている
あーあ 初めて見た君の白い足 いつまでも見ていたかった

夏の終わりを告げるビブラフォーン
雨の音に混ざり 切なく鳴り響く
そこはスローに 感じていたいから
静寂に膝を抱えて じっとしているよ

衝動買いのTシャツは 袖も通さずお蔵入り
たーだ 忙しすぎて 足早に去った八月を悔やんだ

とどろく雷と 遠ざかる日差しが
夏の思い出を 閉じ込めろとせかす
とてもスローに ゆっくり脳裏に
浮かぶ暑い日の記憶を 呼び戻しているよ

あーあ 雨上がりの夕暮れに           
カラスがカーと鳴いた日にゃ エピローグかぁ…

夏の味残る 生ぬるいビールを
飲み干すには少し 時間がかかる
雨に打たれても 香るキンモクセイ
冬支度のリスが そろそろ夏を蹴飛ばすよ

寂しがる駄々っ子の時計 動きはじめる...
スポンサーサイト