昨夜は

透き通るような空に

無数の星が綺麗に見えてて

下弦の三日月が微笑むように浮かんでた


誰よりも繊細で
優しかった君が



天国へ向かう道のりで迷わないように
神様が照らしてくれたのかな



今朝の青空に散らついた可愛い粉雪も

寒さの隙間に見えたとっても美しい夕暮れも


旅立つ君へのプレゼントだったのかな



考えると悲しみに押し潰されてしまうから
ラジオから流れる音楽に明日もがむしゃらに働くよ


今日は寒いんだ

そっちはどうだい?



見えなくなるまで
ちゃんと見送るから

ひとりで頑張って
歩いていくんだぞ
























スポンサーサイト